血流 良くする サプリ

血流を良くするサプリの成分とそのメカニズム、特徴

日本では、生活習慣病の患者が増えています。
生活習慣病の原因は、人によって違いますが、血管の老化や詰まりも原因のひとつです。
人間の体の中でも、血管は老化が早いと言われています。
血液がドロドロで、血管が詰まりやすくなると、血液がスムーズに流れなくなります。
そうなると、血管の老化が早まり、様々な病気につながってしまうのです。
ですから、血流を良くすることは、とても大事なことなのです。
最近は、血流を良くするサプリメントが、ドラッグストアでもネットショップでも、数多く販売されています。
血流を良くするメカニズムを知り、サプリメントを活用することで、健康的な生活をサポートすることができるのです。
血流を良くする成分で有名なのが、EPA、DHA、ナットウキナーゼです。
DHAは、不飽和脂肪酸で、青魚に多く含まれており、血流改善効果が期待できます。
また、脳の栄養素とも言われており、脳の機能向上にも役立ちます。
血圧が高くなるのを防ぎ、善玉コレステロールを増やす働きもあるため、動脈硬化や高血圧症などの生活習慣病の予防のために活用されています。
EPAは、DHAと同じく青魚に多く含まれています。
血液を固まりにくくする特徴があるので、血栓を防ぐ効果が期待できます。
血栓は、出血したときに損傷した部分を修復してくれますが、血栓が溶けずに大きくなると、血管を詰まらせる原因となってしまうのです。
EPAには、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らすため、EPAのサプリメントは、特に中高年世代の人に愛用されています。

最近、大きな注目を集めているのが、ナットウキナーゼです。
ナットウキナーゼは、納豆菌に含まれている酵素で、血栓を溶かす作用があります。
また、血小板の凝集を抑えるため、すでにできてしまっている血栓だけでなく、血栓が作られるのを防ぐ効果も期待できるのです。
ナットウキナーゼは、酵素なので、熱に弱いです。
ですから、納豆からナットウキナーゼを摂取する場合は、加熱せずに食べることが大事です。
納豆が苦手な人は、サプリメントを利用すると、臭いを気にせず栄養だけを摂取することができます。