ナットウキナーゼ 効果

ナットウキナーゼの特徴、血流改善効果、その他効果、摂取の注意点

大豆食品の一つであります、納豆に含まれているタンパク質分解酵素が、ナットウキナーゼと呼ばれる成分になります。この?ナットウキナーゼの特徴は、大豆を納豆菌によって発酵させる過程で生成される成分になり、いくつかの効果をもたらしてくれる成分になります。一つには、血流改善効果があることが研究によってわかっています。その他には、血栓を直接溶かしてくれる血栓溶解効果や、血圧を降下させる作用、血小板凝集抑制などの効果があることが、研究結果として報告されています。
ナットウキナーゼを効果的に摂取するためには、夕食後や就寝前の時間帯をすすめていますので、血圧が高めの方や高脂血症などの方は、夕食後や就寝前に摂取されるのがいいでしょう。摂取したい目安量としましては、1日に2000FUとされています。これは、市販されていますパックに入った納豆ですと、1パックに約1500FUのナットウキナーゼが含まれているといいますから、1日に1パック〜2パック程度になるでしょう。
注意点としましては、納豆からナットウキナーゼを摂取される場合には、胃酸の影響を受けやすいものですから、サプリメント製品で摂取されるのもいいでしょう。また、納豆でナットウキナーゼを摂取されたい方は、飲み合わせの良くない医薬品がありますので、これも注意点になるでしょう。
ナットウキナーゼという成分であれば、食べ合わせや飲み合わせの悪いものはなく、副作用の事例もありませんから、安心して摂取することができるでしょう。