DHA・EPA 効果

DHA・EPAの特徴、血流改善効果、その他効果、摂取の注意点

DHA・EPAはどちらも魚の脂に豊富に含まれる不飽和脂肪酸で、健康維持に欠かせない成分でありながら体内で生成することができないため、食事やサプリなどで補う必要があります。 サプリではよく一緒に配合されていますが、それぞれ違った特徴を持っており、DHAは脳や目の網膜、神経系統に直接入っていけるというのが特徴です。一方、EPAは固まりにくく体に溜まりにくいという特徴があります。 またどちらも持っているのが血液をサラサラにする血流改善効果です。 血液をドロドロにしてしまう原因となるのが血中コレステロール値と中性脂肪ですが、DHAには血中コレステロール値を下げる働きが、EPAには中性脂肪を減少させる働きがあるため、二つの特徴が合わさることによって血流改善の相乗効果が期待できるのです。 このようなことから生活習慣病予防に効果的なDHA・EPAですが、サプリで摂取するのであればいくつかの注意点があります。 まず過剰摂取とならないようにすることです。 日頃、魚を食べることが多い場合、魚の種類や調理方法によっては一日に必要な摂取量が十分に摂れていることもありますので、サプリメントで補うと逆に体調不良を招く恐れがあります。 1日に3g以上の摂取で下痢や吐き気などが起こる可能性が出てきますので、一日の摂取量には注意しなければいけません。 またもう一つの注意点が血圧を上げる薬を飲んでいる方の摂取です。 DHA・EPAには血圧を下げる効果がありますので、一緒に飲んでしまうと血圧が下がり過ぎてしまう恐れがあります。 ですので、こうした薬を飲んでいる方は、DHA・EPAサプリを利用する前に医師に相談することが必要です。